映画『ルームロンダリング』って…

公開日:

更新日:2019/01/11

カテゴリー: 不動産


[映画情報サイト ムビッチ様より公式チラシ画を引用]

公式HP:http://roomlaundering.com/

(注:レビュー投稿ではありません)

いきなりハードルの高い映画タイトルのブログネタからw

今年の夏に映画館で上映された映画『ルームロンダリング』

知ってます?

不動産屋なら一度はチラッと考えた(ほぼ邪推)ことのある アングラ仕事

 

”マネーロンダリング”って言葉がありますが、その不動産版。

マネーロンダリング(資金洗浄)は不正取引で得た資金をいろんなところを介することで、

お金の出所をわからなくして市場に流すというもの(もちろん違法です)

 

不動産の場合、世の中には【事故物件】というものがあります

厳密には事件性のあるものになりますが、部屋の中でお亡くなりになったり、

火災や言葉の通りホントに事件が起こった現場の物件を指します

こういった物件は “ 心理的瑕疵 ”といって、必ず売買なら購入者、賃貸なら借りる人に必ず告知しなければいけません

これらの情報は不動産業者は売主(賃貸は家主)やマンションの管理組合、時にはご近所への聞き込みで調べますが…

 

取引も調査も なかなか大変なのは間違いないので、不動産業に詳しい人が こんなテーマ(?)の職業の原作書かれたんだと思います

そんな禁断のテーマの映画『ルームロンダリング』 キニナルかたはぜひ一度ご覧ください!

(先月でほぼ上映終了しているので、DVD化を待ちましょう)

 

不動産関連の仕事は奥が深い… 個人的にはすごく興味あります

これ以上はネタバレにつながるので 今回はこのへんで

※そんな仕事は実際には存在しません。たぶん…